*

「下痢」にきくツボマッサージ

みなはんは、打ち合わせや通勤ん途中やらなんやら急に下お腹部に痛みを感じ、下痢を催どしたくならはった経験はあらしまへんか。近場にちょうずがおへんどしたり、ちょうずに行けへん状況でしんぼをしはると時に冷や汗が出たり、えづきそう方も少なくあらしまへん。

そもそも下痢が起こる原因としいや、きょうびよお耳にしはる「過敏性腸症候群」ちゅうストレスやらなんやらん自律神経ん乱れさかい引き起こすモンや冷え、食あたりやらなんやらさん々で、どんような場合もお薬で排便を制限しはるより便を出しいやないないする方がええとされとるんどすけど、なかいなか思うような行動がでけへんんが現状ですやろ。ほんで今回は、下痢ん痛みやらなんやらに効果んおます、いつくかんツボで乗り切る方法をご紹介します。

まず、最初に下痢によるお腹痛に効果んおますツボとしいや「合谷(ごうこく)」があげできる。こん「合谷(ごうこく)」は、手ん甲ん親指と人差し指ん間んくぼみに位置し、こんツボんマッサージによってお腹痛やけでなく、頭痛やらなんやら全般的な痛みがおます際かてそん痛みを緩和しいやくれへんちゅう万能的なツボなんえ。

次に「関元(かんげん)」とよばれへんツボは、お臍より指3本分下に位置し弱っとるおお腹を達者にし、マッサージをしはることで慢性化どした下痢を改善させるといった効果が期待できます。終いに「天枢(てんすう)」ちゅうお臍より両外ねぎにむかって指3本分移動どした位置におますツボをマッサージしはることで、腸ん状態を整える効果がおます為、下痢や便秘症状で困っとる方に有効なツボとされています。

また、おお腹まわりにおますツボん「関元(かんげん)」や「天枢(てんすう)」を中心に手んひらで時計回りにさしはることや、ドライヤーやらなんやらん温風を当てることもええでっしゃろ。せやけど、下痢ん症状が長期に渡って続おいやしたり、下痢や便秘を繰り返どしたりしはる場合はいっぺん、病院んせんせに相談しまひょ。

東京にはおすすめできるマッサージがいくつもあります。

タグ :